主婦層などで株主優待は人気であり、若い頃から投資に触れる機会としても良いと言えます。世間で話題になっている株主優待について知ってみましょう。

日本円と電話
  • ホーム
  • 投資信託をおすすめしない人の言い分とは

投資信託をおすすめしない人の言い分とは

チャート

投資信託は、運用会社が投資家からお金を集めて運用します。
個人で中々できない数の銘柄に分散投資できるのが良いところですが、その分大きな値上がりも難しくなります。
投資信託を反対する人の意見としては、プロが運用していても投資信託は損失が出ることです。
投資信託は元本保証ではないので、必ず利益が出るわけではありません。
そのため、プロに任せれば大丈夫だと思って購入したのに損をしたという人からは、投資信託に対してネガティブな意見を持つようになることがあります。

投資信託は、市場が開いている日は日々基準価格が変動します。
投資信託は基本が長期保有でプロが運用していることから、投資家によっては購入すると基準価格をあまりチェックしない場合もあります。
気が付いた時には値下がりしていた場合もあり、反発する気持ちが強くなるのです。
投資信託は証券会社だけでなく銀行でも購入できます。

投資に対する知識があまりないまま、預金で投資信託を購入した人も多くいます。
利益が出ている時はいいのですが、損失が出た場合の対応が分からないのも反対派が出てくる理由です。
銀行が取り扱いしているから大丈夫だという先入観があるからです。
証券会社で取引している投資家は、リスク商品に対する理解や耐性があります。投資に慣れている人でも反対の意見があります。

投資信託は保有中も手数料がかかるという理由です。
購入時だけでなく、信託財産留保額という形で手数料がかかります。保有中に手数料を支払うわけではなく基準価格に反映されます。
信託財産留保額は運用するためにかかる費用で、年率が決まっています。

個別銘柄に投資した場合は、保有中に手数料がかからないためおすすめしない人がいるのです。
おすすめしない人の意見としは、プロが運用しているのに損失が出てしまったり、投資信託よりも良い投資方法があるのが理由として多いです。
リスクがある商品なので、資産運用方法としてニーズに合わない人がいるためその人からは反発する意見が出てきます。

投資信託利用中、投資の利益はどのように分配される?

投資信託は、1万口から購入できる場合がほとんどです。日々公表されている基準価格は1万口あたりの値段です。
投資信託の利用中、取り分は投資した口数によって公平に分配されます。

投資信託は途中で分配金が出るタイプでなければ、解約する時にどれだけの取り分があるか分かります。
解約の注文をすると、その時の基準価格に口数をかけた金額を受けとれます。解約する時は売買手数料はかかりませんが、信託財産留保額がかかります。
解約することで、現金化などのために運用している商品を売却する必要があります。

利用中の投資家との公平性を保つためのペナルティーが信託財産留保額です。
直接支払うのではなく、解約時の基準価格から引かれます。解約単価が購入した時よりも上がっていれば利益があります。
投資信託は通常1万口が1万円としてスタートします。決算時に1万円より値上がりしていれば分配金が支払われる銘柄があります。
分配金の額は、運用会社が状況などから1万口あたりの金額を決定します。

投資家は、投資した口数に分配金をかけた金額を受け取れます。
投資家によっては、運用が開始されてから購入しているので、決算の時の基準価格の方が購入価格より低い場合があります。
購入価格に関係なく、どの投資家も同じように分配金は受け取ります。
運用会社としては、運用開始時より基準価格が上がっているかを基準にします。

決算の時に購入した価格よりも上がっていれば分配金に税金がかかり、下がっていれば税金がかからない違いがあります。
毎月分配金が貰える銘柄は、運用開始時より基準価格が下がっていても分配金が出ます。
分配金の原資は、組み込まれている銘柄の配当や利息です。組み込まれている銘柄の値上がりとは関係がありません。

関連記事