主婦層などで株主優待は人気であり、若い頃から投資に触れる機会としても良いと言えます。世間で話題になっている株主優待について知ってみましょう。

日本円と電話
  • ホーム
  • 株投資初心者は何から勉強すればいいの?

株投資初心者は何から勉強すればいいの?

株投資は奥が深く、専門家でも日々勉強が必要です。
株投資の初心者がまず勉強することは、どのようなリスクがあるのかです。
投資は少しでも資産を増やすために行うため、利益を出す方法から勉強しがちです。
大きなリターンを得ようとするとその分リスクが高くなります。リスクを知らずに投資を行うと大きな損失に繋がることがあります。
リスクをきちんと理解することで、投資スタンスやどのように銘柄を選べばいいか分かってきます。

株投資は、上場している市場や売買の取引量などで銘柄によってリスクが違います。
日本でも大手企業が上場しており、取引量も最も多いのが東京証券取引所第一部です。
上場基準が1番厳しい市場なので、他の市場に比べてリスクが低くなります。
ベンチャー企業などが上場している市場もあり、赤字の企業でも上場できます。
急成長して、株価が短期間で大きく値上がりする可能性がありますが、その逆の可能性も高くなります。

リスクを理解することで自分のニーズに合った銘柄を選びやすくなり、必要以上にリスクを負うこともなくなります。
大切なこととして余裕資金で投資をすることです。
リスク商品であると十分に理解していれば、無理してまで投資を行いません。
余裕資金で投資を行えば、万が一株の価値が0になっても生活に支障はでません。

次に株投資の仕組みを勉強します。
仕組みが分かれば売買もしやすくなり、タイミングなどの判断にも役立ちます。
株価がどのようにして動くのか、市場の違いなどを勉強します。
株投資は、経済情報や世界情勢、個別銘柄の業績など勉強し続ける必要があります。

始めから難しい事を勉強するのではなく、投資とは何か根本的な事から勉強する必要があります。
それを分からずに銘柄選定などをしても、多くの情報の中から必要な物を判断できずに振り回されてしまいます。
自分で情報方法をすると多くの情報がありますが、リスク許容度やニーズによって必要がないものもあります。

投資入門におすすめな本の選び方

投資に関する本は数多くあり、何を選べばいいか迷ってしまいます。
初心者の場合、いきなり始めるのではなくて本を読んで知ることも大切です。

投資入門におすすめな本の選び方は、投資に関する用語の言葉の意味から勉強できる本を選びます。
投資の本を読んでいると多くの専門用語が出てきます。専門用語の言葉の意味が分からなくては本を読んでは意味がありません。
投資判断をするために、経済情報誌や日経新聞を読む場合もあります。
当たり前のように専門用語が出てきますし、専門家が相場の解説をする時も使います。
話についていくためにも、投資入門として専門用語が理解できるような本を選ぶのがおすすめです。

言葉の意味が分かるようになっても、活字ばかりだと仕組みなどが分かりにくい場合があります。
図やイラストを使用して、分かりやすく解説してある本もあります。
活字では読みにくい場合、イラストが入っていれば読みやすくなります。
オールカラーやマンガで解説してあれば、投資の仕組みなども理解しやすくなります。

株入門としている本は毎年出ています。
経済は生き物とよく言われており、株も税制やルールなどが変わるため投資手法も変化したりします。
入門の本を選ぶ場合は、新しく発行された本や改定が入っている本がおすすめです。
突き詰めていくと複雑で難しいことがたくさんあります。

取引に慣れてきたら徐々に深い内容の本を読んでいけばいいので、まずは浅く広く解説してある本を選ぶのが良いです。
取引はある程度の事が分かれば誰でもでき、実践をしながら覚えて行く方が理解が深まります。
インターネットで自分の判断で取引する場合も多いので、ある程度知識を広く持つことも重要です。

関連記事